So-net無料ブログ作成
検索選択
モロッコ ブログトップ
前の10件 | -

モロッコ 36 (カサブランカ 4) [モロッコ]

さてさて、ハッサン2世モスクの続きですが。

 

 

このモスクは1987年から6年の歳月をかけ、

1993年に完成。

 

拝観時間は、9時・10時・11時・14時 (夏季は14時半)、

金曜日はお休み。

料金は大人120DH(約1500円)でした。

 

マラケシュの博物館や庭園の料金が

30~40DHだったのを考えると、

かなりお高い感じ・・・。

 

拝観時間が近づくと、

外国人がたーくさん集まってきました。

 

ガイドさんについて、中へ入ります。

 

 

 

 

 

 

内部は25000人収容可能とかで、

とにかく広いし、暗いし、フラッシュ届かないし・・・

写真はこの程度です。

 

 

 

礼拝の場所。

 

 

モスクの地下には、沐浴の施設があります。

 

 

 

こちらはハンマム(浴室)。

 

 

ところがね~

この地下施設、1回も使われたことがないんですって。

 

つまり、これらはモスクの礼拝者のためにつくられたものではなく、

イスラムの文化を内外へ伝えるべくつくられたもの。

らしいんですけどね・・・。

 

要するに、観光客よせ・・・??

 

 

再び下界(?)へ~

 

 

 

こういうポストカード売ってました。↑(笑)

 

 

 

モスクは、海を望む場所に建っています。

大西洋だよ。

 

 

さて、これにてモロッコ見学すべて終了。

 

モロッコ10日間の旅、

なんと3ヶ月にわたり連載36回になってしまいましたが。

これでおしまい。

 

出番のこなかった写真は、

またそのうちゲリラ的にアップしまーす。

 

みなさま、長い間、お付き合いありがとうございました。 

日常ブログになっても、また遊びに来てね。(笑)

 


モロッコ 35 (カサブランカ 3) [モロッコ]

いよいよ、モロッコ最後の観光です。

 

カサブランカにある、ハッサン2世モスク。

モロッコ最大のモスクです。

 

 

 

近づいてみましょ~

 

 

 

 

 

 

 

見上げるとこんな感じ。

このミナレットは、高さが200m。

世界最大だそうです。

 

 

中に入ってみましょう!

 

続く。

 

 


モロッコ 34 (番外編) [モロッコ]

重いですね・・・。

一生懸命更新しても、また消えちゃったりして・・・。

 

こわい、こわい。

そこで(?)、今日はかる~くモロッコの不思議ネタを。

 

じゃ~ん。

 

 

                                  pohoto by  N子ちゃん

 

マラケシュでよく見かけた、怪しいものです。

わかります?

 

これ。

 

 

インパクトあるんですよ~。

このマネキン

 

 

わたしはマラケシュで撮りそこねたので、

カサブランカで1枚。

 

 

 

 

すごい・・・。

 

 

あ。でも、これはね。

ベルベル人の刺青の表現だと思います。

多分。

 

 

 

 


モロッコ 33 (カサブランカ 2) [モロッコ]

カサブランカのメディナ(旧市街)探検

 

 

 

都会で生きていく猫は、大変なの。

 

 

かわいい車、発見。

 

 

 

 

パンは乾燥しないのかな。

 

 

学校?

子供達の声が聞こえました。

モロッコミッキーに注目。(笑)

 

 

カサブランカは灰色の街でした。

富裕層は郊外に引っ越してしまったそうで、

中心部は荒れてきています。

 

メディナの中では、

突然少女にモップで威嚇されたり。

メディナの外では、

女性同士のつかみあいを目撃したり。

 

マラケシュとは違った雰囲気で、

カバンを抱えて、気合いを入れて歩きました。

 

 

カサブランカにはアールデコの建築が残っています。

 

 

緊張して疲れてしまったので、

夜はホテルでご飯を食べました。

 


モロッコ 32 (カサブランカ 1) [モロッコ]

カサブランカ・・・というと、

1942年に制作されたアメリカ映画 Casablanca をイメージされる方が

多いのではないでしょうか。

 私も予習していきました。(笑)

 

ところが、ところが。

カサブランカはガイドブックの後ろのほうに、

こっそり、ちょっぴり紹介されるような街で、

観光スポットはほとんどありません・・・。

 

マラケシュからパリを経由して帰国できればよかったのですが、

帰国便はカサブランカ→パリ→東京というルートしかないというので、

カサブランカに1泊しました。

 

カサブランカにも猫。

 

 

おい、起きろよ。

 

 

都会の猫は、ちょっとこきたない感じでした・・・。

 

 

前にもアップしましたが、

カサブランカはこんなふうに都会!なのです。

 

メディナ(旧市街)の城壁。

 

メディナをちょっとのぞいてみたのですが、

なんだかしょぼい・・・。

そこで、地図にのっていたショッピングセンターをめざしました。

 

 

 

てくてく歩いて10分くらい。

 

ありました。

 

ショッピングセンター2000!

 

中には、何もありませんでした。

さびれちゃって、さびれちゃって・・・。

寂しい、カサブランカ・・・。

 

近くのカサ・ポール駅。

 

何故か昼間から人の出入りがあった、ディスコ

 

 

なんだかうらぶれた街、カサブランカ・・・。

 

だって、ほら。

空が青くないでしょ!

 

 

仕方ないので、メディナ探検に。

 

あ、パン屋さんだ。

 

 

ミナレットが見えます。

 

カサブランカのメディナ探検が始まりました。

つづく 


モロッコ 31 (マラケシュからカサブランカへ) [モロッコ]

とうとう、というか、ようやく。

マラケシュを離れ、カサブランカへ向かう日がやってきました。

 

マラケシュ駅

 

ホテルから駅まで案内してくれるはずのガイドさんが、

遅刻したので・・・

朝はちょっとバタバタしました。

30分も遅刻ってどーなの?イスマイルくん!

 

ホームから見た駅舎。

 

この駅舎は間もなく閉鎖され、(もう閉鎖されたのかしら?)

新しい駅舎に変わるそうです。

 

カサブランカへ向かう列車。

 

 

例のイスマイルくんが「座るのはどこでもいい」

というので、適当なコンパートメントに入っていたら・・・。

 

あとから来たお客さんに、

そこは私の席だと言われ、

カヨワキオトメ3人で荷物をおろして移動するはめに。

 

イスマイル!!!!

いいかげんにしろ~!

 

移動だ、移動だ。

 

 

 

オトメたちの席はここでした。

 

 

世界の車窓から~♪

 

 

 

 

 

 

カサブランカが近づいてきました。


モロッコ 30 (マラケシュ13) ファンタジア [モロッコ]

そろそろ、モロッコフェアも終わりに近づいてきたのですが。

意外に人気のモロッコネタ。(笑)

せっかくだから、これも、これも~

 

というわけで、

今回はマラケシュで有名な「ファンタジア」というショーのご紹介。

 

ファンタジアというのは、モロッコの伝統的な騎馬芸で、

昔の戦いの様子を再現したもの。

騎士たちは各地方、異なった装束に身をまとい、

馬に乗って銃を撃ちならします。

 

それを、観光客向けのショーにしたてたものが、

マラケシュの「シェ・アリ」Che Ali で観られるというので、

行ってきました。

 

このファンタジアのショー。

どの紹介文をみても、

お勧め~ って書いてありましてね。

か・な・り 期待して行きました。

 

そして、実はお目当てはショーだけではなくて、

そこで食べるディナー

 

メニューは、

ハリラ(スープ)に、羊の丸焼き、クスクス♪

そして、パスティーヤ・オ・レ。

パスティーヤというのは、

小麦粉を練って薄く伸ばした皮の中に、

鳩肉や鶏肉やアーモンドなどを詰めて焼いたパイのことです。

 

 

 

これが、メシュイという羊の丸焼き。

やわらかくて、とろけそ~♪ オイシー!!!

 

でも、冷めると、ちょっと・・・。

だから、急いで食べましょう。(笑)

 

 

さ!

最後はパスティーヤというところで。

出てきたのはクッキー・・・。

 

これ、クッキーだよね?

パスティーヤじゃないよね?

 

  

パスティーヤが食べられるところはあまりないし、

ここのはとーっても美味しいというので、

楽しみにしていたのに・・・。

 

 

同じ部屋で同じコースを食べていたお客さんたちは、

どんどん席を離れ、

ファンタジアの会場へと向かっていきます。

 

しかし、

パスティーヤが食べられなかったら!!!!

ここに来た意味がないじゃないですか!

 

 

ちょっと、ちょっと。

メニューにはパスティーヤ入ってたわよね?

 

 

店員さんに言いました。

 

 

するってーと、

ああぁ~♪

って。

 

 

出てきましたよ。

パスティーヤ!

 

 

 

パスティーヤ・オ・レ。

練乳がかかっていて、ちょっと甘かったけど。

パイがサクサクでね~!!

良かった、思い切って聞いてみて!

 

 

どうやら、ショーの時間が迫っていたので、

メニューの詳細を知らないひとには割愛しようとした模様・・・。

 

そりゃないぜ、シェ・アリ!

 

 

 

無事、パスティーヤにありつけた我々も、

急がねばなりません。  

しばらくすると、

本命の?ファンタジアのショーが始まりました。

  

 

 

 

写真がよくないので、

アップするのやめようと思ったんですけど。 

こんな感じです。

夜、野外で行われるショーなので、ちょっと寒かった・・・。

 

 

おちゃめな、駱駝も。

 

 

だけどね。

期待しすぎたのかなぁ。

あんまり、すごくないんですよ。

技が・・・。

上海雑技団のほうが、ずっと上だと思う・・・(笑)

 

なーんて言ってるうちに、

最後はこれ。

 

Maa Salama (さようなら)

 

 

さびしい・・・。

 

さよなら、シェ・アリ。

 

 

 

その後、

一般のレストランではなかなか食べられないと聞いた、パスティーヤ。

毎日通っていた、

フナ広場のカフェにもあることが判明・・・。

これは鳩肉入りでした。

ちゃん、ちゃん。 


モロッコ 29 [モロッコ]

そろそろ、マラケシュともお別れ~なんですが・・・。

そうそう、大事なことを忘れていました!

 

市場を歩いていると、

チャイナ?コーリヤ?ジャポン?

と声をかけられます。

めんどーな時は、チャイナー と答えてました。(笑)

 

日本人だと思われると、

ナカタ? 

カワサキ

そして、

 

モモタロウ

 

というのが合言葉?となります。

 

モモタロウには、やられました。

思わず、ぷっ と笑ってしまいます。

 

ナカタって有名なんですね~。

 

ところで、なんでカワサキなの?

トウキョーとかオーサカなら分かるけど・・・。

と思ったら、

 

バイクですね~。

スズキヤマハ、カワサキ~みたいな。

 

このほか印象に残っているのは、

ビンボープライス

安いよ~と言われたのは、

1回か2回くらいしかありませんでした。

 

 

飾り皿も素敵なものがいっぱい!

 

エッサウィラの猫

 

 

エッサウィラの街角

 

 

*お知らせ*

サイドバーでもお知らせしていますが、

春のオト目線写真展&オトコンテスト開催中です!

茉莉花も出品しておりますので、

是非、ご覧くださいね~。

 


モロッコ 28 (マラケシュ 12) スークその2 [モロッコ]

スーク(市場)の続き。

 

この辺りはオリーブ屋さんが、軒を連ねています。

 

 

種類もいろいろ。

 

 

 

猫とミント屋さん。

 

 

 

上から差し込む光が、ちょっと神々しい感じ。

 

 

 

夕暮れの、雑貨屋さん。

カラフルなデッキブラシがぶら下がってます。

 

 

八百屋さんに、

 

お肉屋さん。

 

 

日が暮れて、

フナ広場はどんどん賑やかになっていきます。

 

 

 

マラケシュの目印、クトゥビア。

 

 

 

さよなら、フナ広場。

 

 

 

 

 


モロッコ 27 (マラケシュ 11) スークその1 [モロッコ]

マラケシュの旧市街には、

スークと呼ばれる市場があります。

スークには、

バブーシュのスーク、絨毯のスーク、陶器のスーク、

革製品のスーク、貴金属のスークなどがあります。

 

スークの中は、細い道が迷路のように続きます。

 

スークの看板。

 

 

ランプや真鍮製品を売る店。

 

 

香辛料の店。

 

 

絨毯屋さん。

 

 

ここらで一服。

最近、スーク内に出来た新しい喫茶店で、

ほっと一息。

 

マラケシュのスークは世界最大とも言われ、

歩いても歩いても、お店が続きます。

 

お店の照明。 これも素敵♪

 

 

スーク内も猫がたくさんいました。

 

 

 

 

 


前の10件 | - モロッコ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。